首里の馬

首里の馬

高山羽根子さんの芥川賞受賞作。
一読では意味がよくわからなかったものの、二度読んでなんとなくわかりました。
孤独とアーカイブについて考えたくなります。

未名子の最後のクイズ「にくじゃが」「まよう」「からし」の答えはなんなのか、今はわからないけれどいつかふと思いつくのかもしれないな、と思いました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ