名もなき星の哀歌

名もなき星の哀歌

結城真一郎さんの第5回新潮ミステリー大賞受賞作。
記憶の売り買いを裏稼業にする男二人が、シンガーソングライター保科ひとみの謎を追う話。
ちょっと難解なところもありましたが、謎解きに納得感があり、読後感も悪くなかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ