文身

文身

岩井圭也さんの小説。
どこまでが本当でどこまでが嘘か、わからないまま翻弄されてしまいました。
すごいものを読まされた気分です。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ