ラプラスの魔女

ラプラスの魔女 (角川文庫)

東野圭吾さんの小説。
序盤ではどんな話になるのか予想がつかず、徐々に自分も巻き込まれていくような感覚を覚えました。
読んだ後で映画化されていることを知りましたが、軒並み評価が低いので逆に興味があります。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ