うつくしが丘の不幸の家

うつくしが丘の不幸の家

町田そのこさんの小説。
不穏なタイトルとは裏腹に、感動的な話でした。
連作の書き方が上手すぎて、読み終わってまた最初から読み返したくなります。
読んでいてしんどいけれど一番印象に残ったのは第三章「さなぎの家」です。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ