儚い羊たちの祝宴

儚い羊たちの祝宴(新潮文庫)

米澤穂信さんの小説。
お屋敷をテーマにした連作短編集です。
どれもラストの一行でどんでん返しがあると書かれていて、そのように身構えて読んでいても驚くような話ばかりで、感嘆しました。
嫌な感じの話が多いのに、不思議と暗い気持ちにはならず、最後までわくわくしながら読めました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ