その日、朱音は空を飛んだ

その日、朱音は空を飛んだ (幻冬舎単行本)

武田綾乃さんの小説。
一人の女子生徒の自殺を別々の生徒の視点から見たお話。
話の構造は『桐島、部活やめるってよ』を思わせますが、それ以上にドロドロと恐ろしく、最後までハラハラ読ませてくれます。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ