オーブランの少女

オーブランの少女 (創元推理文庫)

深緑野分さんのデビュー短編集。
収められている5編につながりはなく、時代も国も違います。
どれもため息が出るようなミステリで、ただただ「すごいなー」と圧倒されながら読みました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ