水を抱く

水を抱く (新潮文庫)

石田衣良さんの小説。
ナギにどんな秘密があるのだろうと最後までドキドキしながら読みすすめました。
その過去が明らかになると「なるほど」とは思うものの、ちょっと唐突というか、なんともいえない感じでした。
だからといってつまらないわけではなく、こういうこともありそうだなぁ、という印象です。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ