祈りの幕が下りる時

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

東野圭吾さんの小説。
映画をテレビで放送していたのを見たはずなのに全然覚えておらず、新鮮に楽しめました。
あり得なさそうな話でもリアリティをもって胸に迫ってくるのがさすがです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ