若旦那のひざまくら

若旦那のひざまくら

坂井希久子さんの小説。
東京出身のアラフォーが京都の呉服屋の若旦那と結婚するまでのお話です。
展開が読めていても、その過程が小気味よく、楽しく読めました。
京都人のイケズについて知見が深まります。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ