愛を知らない

愛を知らない

一木けいさんの著作。
途中までは「ふーん」という感じだったのが、後半一気に展開が変わります。
重い話で、後味も良いとは言い難いのですが、心に残る話であることは間違いありません。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ