星やどりの声

星やどりの声 (角川文庫)

朝井リョウさんの小説。
わりと初期の作品です。
この時点でも十分完成されているものの、ここからまたどんどん上手くなったのだなぁ、ということを感じました。
最後の種明かしには気付いていなかったので「なるほど」となりました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ