こうして誰もいなくなった

こうして誰もいなくなった

有栖川有栖さんの中短編集。
表題作「こうして誰もいなくなった」が一番長い作品です。
そんな長さを感じさせないほど話がテンポよく進み、楽しく読めました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ