長いお別れ

長いお別れ (文春文庫)

中島京子さんの小説。
認知症のおじいさんを取り巻く家族の話で、認知症はどんどん悪い方向に向かうわけですが、それを悲しく感じさせないような、あたたかいお話でした。
終盤でタイトルの意味がわかるのもよかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ