あのこは貴族

あのこは貴族 (集英社文庫)

山内マリコさんの小説。
華子の住む世界にはイラッとさせられるけど、そういう世界もあるのだろうなぁという感じ。
どこに着地するのかな?と思いながら読み進めて、最後「ほほう」となりました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ