罪の声

罪の声 (講談社文庫)

塩田武士さんの小説。
グリコ森永事件(作品中ではギン萬事件)がテーマとなっています。
グリコ森永事件をなんとなくしか知らずに読み始めたら、なんとなくしか読めなかったので、ちゃんと予習してから読んだほうがよかったなと思いました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ