ミステリアス学園

ミステリアス学園 (光文社文庫)

鯨統一郎さんの著書。
ミステリアス学園のミステリ研究会を舞台にした話です。
1ページ読んだあたりで「ミステリとはなにか解説していく小説」かと思いきや、1章の後半で「そんな展開になるの?」と驚き、徐々になにを読んでいるのかよくわからなくなっていきます。
遊園地のアトラクションみたいな本でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ