蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

恩田陸さんの直木賞・本屋大賞受賞作。
「そうはいっても本当に面白いのかしらー」と斜に構えて読みはじめましたが、文句なく面白かったです。
ピアノコンクールの話というのはなんとなく聞いていたものの、本当にピアノコンクールの話で完結していたのが潔いなと思います。
曲のことはなんにも知らないのに、文字情報だけで心に迫ってくるようでした。
文庫版あとがきではこの小説ができるまでの話が書かれていて、とても興味深かったです。


こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ