ベルサイユのゆり マリー・アントワネットの花籠

ベルサイユのゆり: マリー・アントワネットの花籠 (新潮文庫nex)

吉川トリコさんの著書。
『マリー・アントワネットの日記』のスピンオフ作品です。
ベルばらに登場した人やこれまでなんとなく名前を聞いたことがある人などを掘り下げていて、この人はこういう人だったのか~というのがわかって興味深かったです。
かわいいイラストに似つかわしくなく、内容はけっこうエグいので、そのギャップにも注目です。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ