メタモルフォシス

メタモルフォシス (新潮文庫)

羽田圭介さんの小説。
第151回芥川賞候補です。
簡単に言えばSM小説で、目を背けたくなるような描写の連続ですが、不思議と光明の差すラストがよかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ