ナミヤ雑貨店の奇蹟

ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)

東野圭吾さんの小説。
ナミヤ雑貨店の悩み相談の話、といえばそれだけになってしまうのですが、そこにドラマが絡まり合っていて「すごい!」と思いながら読みました。
けっこうしんどい展開があるものの、ばんばん人が殺されるミステリーが苦手な人でも読める範囲だと思います。
残り10ページぐらいで「これどう畳むの?」と心がざわざわしてきましたが、うまくまとまってほっとしました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ