BUTTER

BUTTER

柚木麻子さんの小説。
とある容疑者をモデルにしていることで話題になった作品で、直木賞候補にもなりました。
バターというタイトルのとおり、濃厚で面白かったです。
決して楽しい話ではなく、常に最悪の可能性が思い浮かぶものの、最後はふわっと着地します。
それが物足りない人もいるだろうなと思いますが、わたしはほっとしました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ