告白の余白

告白の余白 (幻冬舎文庫)

下村敦史さんの著書。
京都人をかなりドロドロに書いています。
さすがにこんなことはないだろうと思いつつ、フィクションなのでこれぐらい極端なほうが面白いです。
主人公の行動は「それはちょっと無理があるのでは」と思うところが多かったのですが、終盤の謎解きは「なるほどー」とうなりました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ