点と線

点と線 (新潮文庫)

言わずと知れた松本清張さんの名作。
はじめて読んだのですが、面白かったです。
刑事のポンコツぶりが気にかかり、最後の謎解きが「あれ?」という感じもありましたが、読んでいてワクワクする小説だったことに間違いありません。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ