デートクレンジング

デートクレンジング

柚木麻子さんの小説。
冒頭が寺地はるなさんっぽいと思ったのですが、すぐに柚木麻子さんっぽくなるのはさすが。
嫌な女ばかり出てくるのは柚木さんの作品によくあることですが、たいていその中でも共感できる人が見つかります。
今回は不思議と誰にも共感できなくて、自分の好みには合わない感じでした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ