フィッターXの異常な愛情

フィッターXの異常な愛情 (小学館文庫)

蛭田亜紗子さんの小説。
蛭田さんにしては明るくて楽しく読める話だな~と思って読んでいったら、
最後にやっぱり深刻な話になり、それでいて明るく終わったのでよかったです。
フィッターXの書き方がすごく好みでした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ