夜明けの街で

夜明けの街で (角川文庫)

東野圭吾さんの小説。
不穏なにおいがする不倫小説と言いましょうか、最後は丸く収まったと見せかけて不穏な余韻を残してくれました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ