六番目の小夜子

六番目の小夜子 (新潮文庫)

恩田陸さんの小説。
10数年ぶりに読んだら全然内容を覚えていなくて、最後までどうなるのかハラハラしながら読みました。
すごく面白くて、これで日本ファンタジーノベル大賞受賞できないのかーという感じですが、大幅に加筆したというのでもとの原稿がどうなのか不明です。
その恩田陸さんが今では日本ファンタジーノベル大賞の選考委員をやっているのも不思議なめぐり合わせだと思います。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ