キッドナッパーズ

キッドナッパーズ (文春文庫)

門井慶喜さんのデビュー作が収められた短編集。
オール讀物推理小説新人賞を受賞した『キッドナッパーズ』は長らく本に収録されることがなく、幻のデビュー作となっていたのだとか。
実際読んでみたら「こりゃ賞とるわ~」って感じの作品でした。
ほかの短編も人の死なないミステリーで、読みやすかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ