透明人間は204号室の夢を見る

透明人間は204号室の夢を見る

奥田亜希子さんの小説。
視点人物が売れないというか書けなくなった小説家で、いろいろしんどそうで、読んでいて身につまされたものの、最後はなんとなく希望が見える、そんな話でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ