ミナトホテルの裏庭には

ミナトホテルの裏庭には

寺地はるなさんの小説。
自分には合わなかったようで、物語にいまいち入り込めませんでした。

寺地はるなさんの太宰治賞の最終候補になっていた「こぐまビル」を読んだことがあります。
これとは全然違うストーリーですが、建物を中心とした物語にこだわりがあるのかな?と思いました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ