さらさら流る

さらさら流る

柚木麻子さんの小説。
読み終わって「ちょっと期待しすぎたかな」という感じがしました。
柚木さんの作品は「こういうことが起こったらやだな」と思うことが、まんまと起こるところが好きなのですが、この本にはそれがありませんでした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ