コイノカオリ

コイノカオリ (角川文庫)

2004年に発行されたアンソロジー。
角田光代、島本理生、栗田有起、生田紗代、宮下奈都、井上荒野という顔ぶれ。
10年以上前に読んで、宮下奈都さんの「日をつなぐ」に衝撃を受け、「この人の本をもっと読みたい!」と思ったものの当時はまだデビューしておらず、「なんで???」となった記憶があります。

それぐらい「日をつなぐ」が名作です。
前に読んだときはバッドエンドを想像していたものの、今読んでみたらワンチャンハッピーエンドあるかも?という気がしました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ