潤一 

潤一 (新潮文庫)

井上荒野さんの小説。
三浦しをんさんが推薦していたので読みました。
つかみどころのない潤一という男を複数の女性の視点から書いた物語で、最後は潤一本人が登場するのですが、本人でも自分を持て余しているような、とらえどころのない雰囲気を感じました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ