ほどよく長生き死ぬまで元気遺産そこそこ遺書はしっかり

ほどよく長生き死ぬまで元気遺産そこそこ遺書はしっかり (文芸ポストBOOKS)

鈴木輝一郎さんの小説。
おそらく自身の体験をもとにしているのでしょう。
親戚縁者が次々と入院したり亡くなったりして、振り回される主人公が面白おかしく、時に深刻に書かれています。
鈴木輝一郎さんのファンなら楽しく読めると思います。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ