星空の16進数

星空の16進数

逸木裕さんの小説。
過去の誘拐事件をめぐって、17歳女性が女性探偵に依頼する話。
たくさんの人が出てくるわりにごちゃごちゃせず、最後まで読み切ることができました。

女性探偵が夫に子どもを預けて捜査に没頭している点にイラッとしますが、それはある種の私怨なので、作品の欠点というわけではありません。
概ね面白かったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ