闇に香る嘘

闇に香る嘘 (講談社文庫)

下村敦史さんの江戸川乱歩賞受賞作。
語り手が盲目のおじいさんで、記憶も曖昧で、すべてが心もとない中、最後までぐいぐい読んでしまう小説でした。
真相が明かされたときにはカタルシスがありますし、後味もよかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ