てのひらの記憶

てのひらの記憶

水生大海さんの小説。
読んでいてドキドキしたり、心が暖かくなったりするお話でした。

しかし途中でなぜか「わたしは何のために小説を読んでいるのだろう……」という気分になってきました。
たまたま今回そう思っただけで、この小説がどうこうというわけではないと思います。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ