ハリガネムシ

ハリガネムシ (文春文庫)

吉村萬壱さんの小説。
読んでいてとても気持ち悪い小説なのですが、登場人物に対して妙な愛しさを覚えて、なんともいえない読後感が残りました。
サチコを好きになれるかどうかでこの小説への印象が変わってきます。
本当どうしようもない女だし好きになれない人が大半だと思うのですが、どこか共感できるような、不思議な可愛らしさを持った人物だと思いました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ