ぐるぐるまわるすべり台

ぐるぐるまわるすべり台 (文春文庫)

中村航さんの小説。
大学時代に一度読んだことがあって、なんとなくストーリーを覚えていたものの、「こんな話だったのか」と思うところも多かったです。
その後どうなるんだろう?と考えると怖いようなワクワクするような不思議な気分です。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ