地の底の記憶

地の底の記憶

畠山丑雄さんの文藝賞受賞作。
途中「何を読まされているのか」と思ってしまうようなパートがあり、そこが一番おもしろかった気がします。
なんとなく実在しそうな土地と、現実離れした小学生のバランスがよかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ