風が強く吹いている

風が強く吹いている (新潮文庫)

三浦しをんさんの小説。
10年ぶりぐらいに読んで「これはすごい小説だな」と感嘆。
結果がどうなるのか知っているくせに、すごく感動して「あぁよかった」と胸をなでおろしました。
多少ご都合主義のようにも思うのですが、フィクションだからこういうものでしょう。
カタルシスもあって、とても好きな小説です。

三浦しをんさんの作品といえば男同士の意味深な関係だと思うのですが、この作品に関しては神童とムサのコンビにすごく力を入れているような……。
ヒロインであるはずの葉菜子の書き方が適当なところもこの作者らしいと思ってしまいました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ


The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)

最新記事 by 宮島ムー (全て見る)