さよなら、ニルヴァーナ

さよなら、ニルヴァーナ (文春文庫)

窪美澄さんの小説。
続きが気になって最後まで読んだものの、スッキリしない作品です。
1997年に神戸で起きた事件がモチーフになっていて、フィクションとは言えかなり引きずられてしまいます。
心動かされる小説であることは間違いありません。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ