遺体

遺体: 震災、津波の果てに (新潮文庫)

石井光太さんのノンフィクション。
群像新人賞『美しい顔』に類似点があったということで話題(?)になっていたので読みました。

東日本大震災での遺体の取扱いを巡って、釜石の人たちが奔走している様子を記しています。
報道では知り得なかったことがたくさん書かれていて、興味深く読みました。

釜石ではほとんど被害のない地域があって、
釜石のもう半分で何が起きたのか知らないまま遺体が次々と運び込まれてきて、
「大変なことになった!」と気付くあたり、こういうことが起きていたのかと衝撃でした。

釜石のことを書き残しておこうという筆者使命感がひしひしと伝わってきて、
これを参考文献とせずに参考にされたら憤るのも当然だろうなと思う本でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ