神去なあなあ日常

神去なあなあ日常 (徳間文庫)

三浦しをんさんの小説。
ユーモアあふれる文体で神去村の人々が息づいているところがよかったです。

「三浦しをんさんにわたしが書いた小説を読んでもらって選評をもらったのってもしかして超すごいことなんじゃないか」と今さら思いはじめています。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ