神去なあなあ日常

神去なあなあ日常 (徳間文庫)

三浦しをんさんの小説。
ユーモアあふれる文体で神去村の人々が息づいているところがよかったです。

「三浦しをんさんにわたしが書いた小説を読んでもらって選評をもらったのってもしかして超すごいことなんじゃないか」と今さら思いはじめています。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ


The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)

最新記事 by 宮島ムー (全て見る)