太陽の村

太陽の村 (小学館文庫)

新聞に載っていたビブリオバトルの記事でこの本を知り、読んでみました。
朱川湊人さんの小説です。

飛行機事故で幸運にも生き残った坂木龍馬くんが主人公。
しかしそこは昔の日本を思わせるような場所だった。
タイムスリップして過去に来てしまったのか、それとも……?

最後まで読んではみたものの、なんだかよくわからないまま終わってしまったなという感じ。
ギャグだと思って、あまり深く考えないで読むのがいいかもしれません。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ