スクラップ・アンド・ビルド

スクラップ・アンド・ビルド

羽田圭介さんの芥川賞受賞作。
デビュー作である黒冷水と似たものを感じました。
重くて嫌なものを書いているのにどこかユーモアがあっておもしろいです。

どこが面白かったかというと具体的に説明できないのですが、
読まなきゃよかったという気分にさせないところが、羽田さんの小説の魅力だと思います。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ