ねじまき片想い

ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)

柚木麻子さんの小説。
主人公の宝子が、片想いの相手のために事件を解決していく話。
謎解き的な部分もあるものの、ツッコミどころ満載で、ミステリーとしては中途半端な印象を受けます。
一方、片想いの行方がどうなるのか気になって、最後までドキドキしながら読み進めました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ