ひらいて

ひらいて (新潮文庫)

綿矢りささんの小説。
面白かったのかつまらなかったのか、いまひとつわからない作品でした。
全体的に「こんな人いるのかな」と思ってしまいましたが、
こういうのが小説なのだろうという気もします。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ